Rain Worldを歩く

Rain Worldのガイドやら攻略やら雑談やら中心のブログになります。ネタバレ注意

Creatures

Rain WorldにはSlugcatよりも立場の弱い生物も多数存在しています。

彼らはSlugcatの腹を満たすだけでなく、あらゆる環境での生存を助けてくれることもあります。

彼らの特徴を知ってよりRain Worldに適応しましょう。

 

食料

Slugcatが食べることができる生物達

Bat/コウモリ

f:id:sashimi_Yf:20170710142112p:plain

おなじみの食糧の1つでコウモリというよりは羽虫に近い存在。

白い草に隠れられてしまうとSlugcatは捕まえることができなくなってしまう。

偶に見かける赤い草に引き寄せられる性質を持っている。

石や槍をぶつけることで行動不能にすることも可能。

他の食料やアイテムと違ってシェルター内に持ち込むことができない。

 

Centipede/小ムカデ

f:id:sashimi_Yf:20170710143024p:plain

食糧の1つで腹が2つ回復する。

長時間持っていると電流を流されて一定時間気絶してしまうため注意。

リザードの大好物で、これを彼らに渡すことで手なずけることが可能。

 

Jellyfish/クラゲ

f:id:sashimi_Yf:20170710141829p:plain

初見ではわかりにくい食糧の1つ。

触手に触れてしまうと感電して一定時間気絶してしまう。

水中から出して長時間立つと黒ずんでくる。

 

Neuron/ニューロン

f:id:sashimi_Yf:20170710144626p:plain

こいつらはどう扱うべきなのが迷いましたが一応生物ということで。

MoonかFivePebblesに多数生息して食べることで体が輝くようになる。

無重力間での操作になるため捕まえるは少し難しい。

 

Crying Worm/クライングワーム

f:id:sashimi_Yf:20170710144448p:plain

黄色っぽい細長い虫のようで、槍やグレネードで殺害すると食糧にすることができる特殊な生物。

Vultureの雛なのではないか、という説もある。

 

投げることで高い音と主に発光しサーチライトを照射。

Vulture生息場所ではサーチライトの色が赤に変わった瞬間Vultureが降ってきます。

こいつを利用することでVultureを意図的に召喚して狩ったり、代わりにリザードを片付けてもらうこともできます。

 

Friends

Slugcatと同等、またはそれに近い存在。

Cicada/セミ

f:id:sashimi_Yf:20170514174654p:plain

巨大な羽虫で大きな音を立てて空を飛びまわり、Slugcatを見つけると気まぐれにちょっかいをかけてくる。Slugcatはこいつらを捕まえることができ、その状態でジャンプをすることでいつもよりもより高いジャンプが可能になる。

 

Leechやbatが大好物なようで積極的に捕食をする。

Garbage Wastesの一部分ではLeechごと巣穴に引きずり込まれてしまう可能性があるため注意が必要。

またBugとバグをかけているのか、こいつらに画面外に押し出されてしまうことも時々ある。

 

Squidcada/セミ

f:id:sashimi_Yf:20170612231209p:plain

白い色のセミでCicadaと比較して飛翔能力が高く、生息個体数が少ない。

Sky IslandやFarm Arraysで多く確認することができて、それに伴って移動に必要になることも。

 

Lantern Mouse/ランタンマウス

f:id:sashimi_Yf:20170626234404p:plain

Shaded Citadelに多数生息している光っているネズミ。

捕まえることで灯りとして連れまわすことができるようになるが、移動速度やジャンプ力が下がってしまうため注意が必要。

場合によってはリザードやスパイダーに献上することで危機を逃れることもできます。

攻撃してこないことや多数生息していることもあってOutlawの取得にもっとも適している生物。

 

JetFish/ジェットフィッシュ

f:id:sashimi_Yf:20170710135034p:plain

カエルのような魚で捕まえることで高速で泳げるようになる。

ヒルを食べてくれたり身代わりになってくれたり…と生き物の中でもより友好的なように感じますが、放置しておくと青い木の実を全部食べられてしまったり、Slugcatを水中に沈めようとしたりと意外と厄介な行動もしてきます。

 

Pole Worm/ポールワーム

f:id:sashimi_Yf:20170710135642p:plain

Garbage Wormなどとも呼ばれていてIndustrial complex、Chimney Canopy、Garbage Wastesの3地域に生息している謎の細長い生物。

非常に憶病でSlugcatや他のプレデターが近づくと姿を隠してしまいますが、槍を持っていると積極的に盗もうとしてきます。

石をぶつけたり槍を刺すと目が赤く変わって一定時間Slugcatの妨害活動をするように。

 

Tube Worm

f:id:sashimi_Yf:20170710143820p:plain

Grapping Wormなんかと呼ばれている、糸を吐くタイプのワーム。

The LegやUnderhangなどの足場の悪い地域に生息していて、これらを利用しないと通行できない場所も存在します。

こいつらの糸の強さはゲーム中でも最強クラスでDaddyLongLegsやPebbleですら貼り付けにすることが可能です。

操作に慣れるまでは大変ですが、使いこなすといけない場所がないといっても過言でもない機動力を手に入れることができます。

 

Snail/カタツムリ

f:id:sashimi_Yf:20170710144051p:plain

Garbage WastesやDrainage Systemに生息している爆発するカタツムリ。

他の生物が触れたり、投げたりすることでパキパキと音を発し始め、一定時間後に爆発します。

爆発に巻き込まれても死にはしないものの、一定時間気絶してしまうため注意。

うまく利用することでLeechに襲われずにDrainage Systemを進むことができます。

水路に詰まっている場合も多いため要注意。

 

ETC

位置づけが不明な生物

Guardian/ガーディアン

f:id:sashimi_Yf:20170616011645p:plain

Depthsに数体生息していて、カルマレベルの上限が一定に満たない生物を先に進ませないようにしている謎の生物。通過条件を満たせない各種リザード、JetFishやCicadaはこれより先に進むことができない。

Pebblesとは違うタイプの超能力を持っていて、無理やり進行しようとすると殺害されてしまう。

頭に判定があって槍や石を刺すこともできるが体力が存在しないようで殺害は不可。

 

Deer/シカ

f:id:sashimi_Yf:20170612234412p:plain

度々トナカイかシカか議論になっている生物。私はシカでいいと思います。

Farm Arraysに数体生息していて、彼らの角にしがみつくことでGrassWorm地帯を安全に通行することができる。

あらゆる壁や段差に引っかかる可能性がある他に原因不明で立ち止まることもあるため一部では「不具合の化身」などと呼ばれている。

一応死亡モーションが存在していて、うまくWormGrassに絡めたり槍で何度も刺すことで殺害が可能。

 

Guide

あまりあてにならないゲームガイド達

Yellow Guide/イエローガイド

f:id:sashimi_Yf:20170710140413p:plain

ゲームガイドの黄色いタイプでゲームを初めてすぐに見ることになる。

最初にLooks to the Moon、次にFive Pebblesまでの道案内をする。

道案内は割とあてにならないが、シェルターや食料までの道案内や敵が近くにいるという警告はかなり役に立つ。

 

なぜかScavengerには嫌われているようで各種リザードやVultureの如く攻撃を受けてしまうが、数秒後には復活するためあまり気にしなくてもよい。

ある条件を満たすとゲームに出現しなくなってしまう。

 

VoidSpawnEgg/???

f:id:sashimi_Yf:20170710140939p:plain

ニューロンを食べたりカルマがアップグレードされることによって視認できるようになり、触れるとMemory Cryps前の水路まで道案内をしてくれるようになる。

Depthsでは大量に出現する。

動きが非常に遅い。

 

Blue Guide/ブルーガイド

f:id:sashimi_Yf:20170710141542p:plain

ゲームガイドの青い個体。Five Pebblesを超えたり西の方の地域へ行くと登場するようになり、Echoの出現場所へ道案内をしてくれるようになる。イエローガイド同様にあまりあてにはならない。

イエローガイドと違い、道案内以上のことは行わないが大量に出現する特技を持っており、多いときは一画面に5,6体出現することも。

 

イエローガイド同様に積極的にScavengerたちに攻撃される。

 

イテレータ

以下は強いネタバレを含みます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Moon

f:id:sashimi_Yf:20170615205209p:plain

Looks to the Moonの最奥にいるRain Worldのイテレーターの1体。"Big sis" Moon の愛称で親しまれている。

Slugcatが会った段階では記憶や力を失ってしまっており、Five Pebblesニューロンを複数個運ぶことによって状態が良くなっていく。

Pebble同様に槍やグレネードを軽々と無効化する強固な体を持っているが、周辺に浮いているニューロンを一体でも食べると死んでしまう強いの弱いのかわからない存在。

各種アイテムを彼女の元へ運ぶことによってアイテムの解説を受けることができる。

ゲーム中に何度も目にするイエローガイドは彼女と強い関係があるようで、彼女が死亡したタイミングで出現しなくなってしまう。

 

Looks to the Moonは雨が降るたびに水没しているため、どうやら彼女も毎回水没してしまっているらしい。

 

Pebble

f:id:sashimi_Yf:20170612223729p:plain

Five Pebblesの天辺に近い部屋にいるイテレーターの1体。

現在Rain Worldは彼の独裁に近いような状態になっており、自らを「神のような存在」だと話すなかなかな奴。DepthsのGurdianを馬鹿にしているような部分もセリフから確認することができる。

しかし、能力は確かなものでSlugcatに言葉を理解できる能力を与えたり、害を与えてくる存在を念力で殺害することも。

言わずもがなRain Worldの重要なキーパーソンの1体で過去の記録に何度も登場する。