Rain Worldを歩く

Rain Worldのガイドやら攻略やら雑談やら中心のブログになります。ネタバレ注意

Five Pebbles

f:id:sashimi_Yf:20170420213155p:plain

概要

Underhangを登っていくと、他のマップとは明らかに雰囲気の違う場所へ出てきます。

ここが悪名高き「Five Pebbles」です。

なんとこの地方、今までに慣れたアクションを全否定する無重力ステージで壁やポールを利用して上手く利用していかないとマップ間の移動だけでもかなり時間がかかります。

それだけであれば「時間がかかるステージ」程度で済むのですが、途中から元気いっぱいのDaddyLongLegsが登場するので、嫌でも無重力の操作に慣れないとあっという間に参上したDaddyLongLegsに捕食されてしまいます。

少なくとも、このマップにいる間は雨による被害を受けることはありませんので、慎重に先へ進みましょう。

 

f:id:sashimi_Yf:20170420222347p:plain

道中で自由自在に飛び回っているのはニューロンです。

これは一応食べ物に分類されていて空腹ゲージを満たすことができるだけでなく、Slugcatの体を光らせて暗所での操作を簡単にすることができます。

 

無重力状態の操作

  • 壁に触っている or ポールにつかまっている状態で方向キー+ジャンプでその方向へ進む
  • 自分の頭の向いている方向へ方向キー入力でポールにつかまる
  • 上下左右キーを押し続けるとその方向へと回転、進む方向の微調整ができる
  • 石や槍を投げることで横方向へ進む力を得る

例えば縦に進みながら石や槍を投げることで精度の高い斜め移動が可能です。

マップ

f:id:sashimi_Yf:20170531235551p:plain

赤い星:Underhang間のゲート

青い星:Pebbleの部屋への道

 f:id:sashimi_Yf:20170601000638p:plain

黄色の線:Recursiveコース

水色の線:Unfortunateコース

 

難しいだけでなく非常に広いマップ。

雨の制限が無いためか全体的にシェルターが少なく、一度のミスが致命的になってしまうことも少なくありません。

ガイド

ここへ来たからにはPebbleの部屋へと向かう必要がありますが、2種類の道のどちらかを通ってまずはMemory Confluxへと出る必要があります。

 

 

 

 

以下の写真の部分が分岐点になりますので好きなほうへ行きましょう。

Recursiveの道はわかりにくい部分にあります。

f:id:sashimi_Yf:20170420215518p:plain

 

Recursive Transform Array

f:id:sashimi_Yf:20170420215654p:plain

よく「簡単な方の道」と呼ばれていて、System Busまで距離がありますがDaddyLongLegsによる被害が少なく、捕食してくる壁もありあません。

ただし、シェルターまで距離があり、シェルターに着くまでに最低2匹のDaddyLongLegsから逃げなくてはなりません。

 

目立っている青い蛍光灯はよくコンビニで殺虫に使ってるようなもののようで、触ると感電してゲームオーバーになってしまうので注意。

巨大なドラム式洗濯機のような重力装置のある部屋ははずれの部屋で、反対側からしか来ることができません。

 

Unfortunate Development

f:id:sashimi_Yf:20170420224536p:plain

Unfortunateの名前の通り、System Busまでの近道ですがかなり難しい構造になっています。DaddyLongLegsが多数出現するマップを4つ程度超える必要があります。

さらに一定時間ごとに無重力状態が切れて下へ落下してしまうため、DaddyLongLegsや安全地帯を考慮した素早い行動が必要とされます。

場所によってはDaddyLongLegsが好き放題足を伸ばしていて通行不可になっていることがあって、文字通り運も進行には必要になります。

Recursiveと比べるとかなり近道になりますので、腕に自信のある方はぜひこちらのルートを利用しましょう。

個別ガイドはこちら

 

Memory Conflux

f:id:sashimi_Yf:20170420215949p:plain

正方形の小さな部屋がいくつも並んでいる迷路のようなマップ。

敵がいませんので安心して探索することができますが、誤って来た道を戻ってしまわないように注意しましょう。

 

General Systems Bus

ここまで来たら、あとはゲームがクラッシュしないように祈りながらPebbleのいる部屋へと向かいましょう

f:id:sashimi_Yf:20170420221519p:plain

Pebbleの部屋へ侵入すると、PebbleがSlugcatを言葉が理解できるようにしてくれます(頭に四角い点が表示されるようになります)。そして、カルマレベルの上限を10まで上昇させてくれます。

これ以降、ゴーストやMoonと会話ができるようになって、この世界の考察成分を集めていくことができるように。

Pebbleのイベントはとても長いですが、途中で決して彼を攻撃はしないように。殺されてしまいます。また、一度部屋を出た後に彼の部屋へもう一度侵入すると「出ていけ」という体の言葉を投げられて、長居すると殺されてしまいますので注意。

f:id:sashimi_Yf:20170612223729p:plain

 「...」

Pebblesの屋上へ

f:id:sashimi_Yf:20170420214636p:plain

Pebbleの部屋を出ると徐々に重力が強くなっていき、最終的にゲートを超えると地表と思われる場所へと出てきます。

奥に街のようなものが確認できる他に夜空が確認できます。

ここから先のパイプを通った先からが雨の有効範囲のようです。

 

ニューロンの運搬

これはゲームの隠し要素にあたるため、エンディングを見るために必要ではありません。

ここで手に入るニューロンをMoonへ持っていくごとにMoonが記憶を取り戻していきます。全部の記憶を取り戻すために必要なニューロンの数は4つで2本しか腕のないSlugcatは1回の運搬で2つずつしかニューロンの運搬ができません。

このゲームは両手が塞がっているだけでかなり難易度が上がってしまいますので、覚悟を決めてから運搬しましょう。

 

 

 

広告を非表示にする